Latest Posts

ポイント交換のお勧めはアマゾンギフト券

クレジットカードといえば、ポイント交換というものが、大きな楽しみになります。また、この頃では、商品券などの金券と交換できることが多くなってきました。さて、いろいろな金券の中でも、アマゾンギフト券との交換が、一番レートがよく、お得だと思われます。アマゾンギフト券ならば、発送したりする手間はかかりません。メールで送ったりするだけでいいのです。そんなことから、いわゆる手数料がかからないのです。ポイント交換をするときには、交換手数料にあたるものも気になるものです。そして、少しでもレートが良いほうがいいでしょう。このようなことから、クレジットカードのポイント交換は、アマゾンギフト券を選ぶことが多くなっているのです。また、そのほうがお得だと考えているのです。

クレジットカードのポイントの交換先についての考察

クレジットカードの取捨選択はポイントの還元率を第一の選択肢として考えますが、次に重要なのは貯まったポイントの交換先です。いくらポイント還元率が高いクレジットカードでたくさんポイントが貯まったところで交換先に魅力がなければ意味はないといってもいいでしょう。しかし、このポイント交換先がいいか悪いかというのは人によって大きな差があることも確かです。ポイント還元率は人によって差ができるとは考えにくいですが、交換先はある人にとって有利に思われるような交換先が他の人のとって有利な交換先であるとは限らないのです。基本的に現金に近いものが交換先にあればあまり不満はないでしょうが、使い道の比較的狭い交換先しかない場合にはポイント還元率よりも先に検討しなくてなならない場合もあるでしょう。

クレジットカードを申し込む前に附帯しているポイントを考える

今は年会費が無料でクレジットカードが作れる時代です。それで、問題となるのはどこのクレジットカードを作るかということです。では、クレジットカードを申し込む前にどんな点に注目すると良いのでしょうか。やはり注目するべきなのはカードに附帯するポイントです。今はほとんどのクレジットカードが何かしらのポイントが貯まるようになっています。しかし、中にはあまり使う機会が少ないポイントもあります。そこでポイントを比較する際に注目するべきなのはそのポイントが日常の場面で使えるかどうかと、そして他のポイントへ変換できるかどうかという2つの点です。この点で比較すると自分の生活のあらゆる場面でポイントを使うことができ、お得感を実感することができます。

リクルートカードプラスはどうなるか

ポイント還元率が高いクレジットカードのポイント還元率が下がってくるのが顕著になってきました。私のメインのクレジットカードのポイント還元率も0.25%ですが下がりました。そこで、2%のポイント還元率を誇るリクルートカードプラスにメインカードを変更しようかと考えていたところ、リクルートカードプラスの申し込みが停止されているような感じになってきました。どうも新規申し込みの停止ではなさそうですが、明らかにリクルートカードプラスよりもポイント還元率の低いリクルートカードの方に重点が移ったように感じます。こうなるとたとえリクルートカードプラスを申し込んでもポイント還元率の引き下げが起こるのではないかと考えてしばらくは様子を見ることになりそうです。

Yahoo!カードを作りました

しばらく新規のカードは作っていなかったんですが、nanacoのクレジットチャージでポイントが貯まると聞いて、Yahoo!カードを作ることにしました。キャンペーン中でTポイントが10000ポイントくらいもらえたこともありがたかったです。審査は勤務先に連絡が入ることもなくスムーズに終わりました。1週間くらいで郵送でカードが送られてきた気がします。Tポイントは有効期間のない通常ポイントが3000ポイント、その他に期間限定のポイントが分割でもらえました。うっかりしているとあっという間に期限切れになってしまうので、あらかじめ欲しいものをYahoo!ショッピングやLOHACOで選んでおくと良いと思います。ツタヤのレンタルカードとしても会費を店舗で払えば使えるし、作って良かったと思っています。

クレジットカード決済の色々

クレジットカード社会人になって初めて作りました。まだ貯金がない頃にスーツを買いたくてボーナス払いで購入できて非常に助かった事がありました。それ以来ボーナス払いは利用した事はありません。そこから色々なカードを作ってきました。全部合計すると15枚くらい作っていると思います。私はクレジットカードが使えるお店はでは積極的にカードを利用するようにしています。理由としては小銭が増えない。そしてポイントが貯まるからです。現金で払っても得することはなにもありません。カードを使わない人は使いすぎが怖いのでしょうが、自己管理が出来ている人は全く問題ありません。自分がしっかりすればよい、自分で解決できる問題は大した問題ではないのです。これからもクレジットカードを最大限利用したいですね。

イオンカード

イオンカードはさまざまな種類があるので、自身の都合に合わせて最適なカードを選択できます。例えば電車によく乗られる方であればイオンSuicaカード、首都高をよく使用する方であればイオン首都高カード、マイルを貯めたい方であればイオンJMBカード、といった感じです。いずれのカードも入会金年会費が永年無料なだけでなく、20日30日にイオンでお買い物をする際、カードを提示するだけで5%割引になります。さらにカードによってはETCを無料で付帯できるもの、電子マネーWAONが一体になったもの、条件をみたすことでゴールドカードになるものもあります。中でもイオンカードセレクトならイオン銀行のキャッシュカードとしても利用でき、大変便利です。

クレジットカードの選び方

クレジットカードを選ぶには人それぞれのライフスタイルによって変わってくるものだと思います。まず選ぶと言う事の前に何枚クレジットカードを所有しているのかを把握することが重要かもしれません。使いもしないのに財布の中に眠っているクレジットカードや、使いもしないのに年会費を支払っているクレジットカードはあるのではないでしょうか。まずはいらないクレジットカードを解約し自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選ぶことが重要です。そこでポイントの貯まりやすいクレジットカードや現金化を行うにあたって有利ポイントカードを調べていけば自分にぴったりのクレジットカード選びができるかと思います。最終的には1枚か2枚がベストだと思います。

クレジットカードは便利だけれど

クレジットカードは便利だけれど簡単に支払いを済ませることができるのでお金を使いすぎてしまうということもあります。現金を使うときは「これは本当に欲しいものなのか」と考えますがクレジットカードの場合は「今買わなくてはいつ買うのか」という考え方になってしまいます。ついつい使いすぎて翌月の引き落とし日までに貯金残高が足りなくなってしまうこともあります。何でもかんでもクレジットカード払いを選択すると自分に甘くなってしまうので高額なものを買うときだけにしようかなあと思っています。コマーシャルでリボ払いという言葉を聞いたことがありますがいまいち意味が理解できません。クレジットカードは1回払いのみにしようと思います。

海外生活に必要なクレジットカード

中国に以前住んでいた時人民元がいるときにクレジットカードを使ってお金を引き出していました。銀行にいちいち日本円を持ち込むと銀行によっては手数料も高いですし、お札が偽物ではないか?少しでも破れているとできないと突き返されたりするのでクレジットを持っていて本当に良かったと思います。一言にクレジットカードと言っても年会費無料のと有料のがあると思うのですが、カードの裏にプラスとかシーラスとか英語で記載されたものじゃないと使えません。できれば紛失または機械に吸い込まれた時の為に2枚持っている方が良いです。クレジットカード会社によってはポイントが付いたり、プレゼントがもらえたり、ホテルや遊園地のチケットが安く手に入れたりもできるのでとても便利だと思います。