クレジットカード払いで得られるスピード感

クレジットカードが利用できるお店では、基本的にクレジットカードで支払いをするようにしています。手持ちの現金がある場合でも、基本的にはクレジットカード支払いをします。とにかくスピード感が違うからです。一度クレジットカード払い中心に変えてしまうと、レジでもたもたしている時間がもったいなく感じるようになります。最近はスーパーやコンビニなどは一定額までサインレスでクレジットカードを利用することができます。お財布の中の小銭を数えて店員に渡して、更に店員が数えるという事は起こりません。ただクレジットカードを渡して、店員はカードリーダーに通すだけです。このスピード感は現金を利用して会計をしていては決して味わうことのできないものでしょう。